オーダーカーテン通販の「ドリウム」。シミュレーション画面で、豊富な色柄、レース・厚手の生地も選べる。カスタマイズができるオーダーカーテン。

花粉やホコリをキャッチ!?
レースカーテンでできる花粉症対策

花粉対策カーテン

花粉症に悩む人にとって、家の中に入ってくる花粉を防ぐことは重要な対策。
玄関で上着をはたいたり、花粉が付きにくい機能の服を選んだり、いろいろな方法がありますが、実はレースカーテンでも花粉対策ができるって知っていますか?

東京都健康安全研究センターの調査によると、東京都の花粉症推定有病率は48.8%にのぼり、およそ2人に1人が花粉症という結果に。近年では子どもの間でも発症が広がっていて、スギ花粉以外の複数の花粉で発症する花粉症も増えているといわれています。
家に花粉を入れないことは、自分や家族の健康を守るためにも重要なことと言えるでしょう。

そこで今回は、カーテンレールにかけるだけで簡単に花粉症対策ができる「花粉キャッチカーテン」の機能についてご紹介しますね!

1.室内の花粉対策は2つのポイントが大事

花粉が飛散する時期は、せめて家の中だけでも花粉を気にしないで過ごしたいですよね。
家でできる花粉対策には、大きく分けて2つの方法があります。
ひとつは「花粉を侵入させない」こと、もうひとつは「入った花粉をそのままにしない」ことです。

花粉対策カーテン

室内に入り込む花粉は、約60%が窓や換気によるもので、残りの約40%が干した洗濯物や布団、帰宅時の衣服などに付着しているものだといわれています。
換気のときは大きく開けずに幅10cmほどにしたり、洗濯は室内干しにしたりするだけでも違いますが、手軽にできて有効な対策になるのがカーテンです。普通のレースカーテンを閉めるだけでも効果があるので、花粉キャッチ機能があるカーテンならかなり侵入を抑えることができるはずです。

また、一度室内に入った花粉はなかなか外には出ていかないので、放っておくと部屋の空気中に舞って環境が悪くなってしまう可能性が。
こまめな掃除はもちろん、花粉対策ができるフィルターを搭載した空気清浄機や加湿器で花粉の舞い上がりを抑えるのも効果的です。

2.花粉キャッチカーテンのしくみ

花粉キャッチカーテンとは、その名の通り、空気中の花粉やホコリを生地に吸着させる機能を持ったカーテンのことです。
窓からの侵入を防ぐフィルターのような役割をしてくれるんです。

花粉キャッチのしくみは、繊維にクリンプ(縮れ)を施して、花粉やホコリを絡めとりやすくする方法があります。
繊維の目を細かくしてすき間を減らすというシンプルな方法ですが、一般的なカーテンに比べて2倍以上の吸着力が得られる商品もあるんですよ!

カーテン花粉キャッチの仕組み

もうひとつ、生地に粘着剤などの薬剤をつけて、繊維に花粉やホコリを吸着させやすくする加工もあります。DR!UMを運営する株式会社カズマはこちらの方法で花粉キャッチカーテンを作っています。
粘着剤といっても、ネバつくような感触はありませんのでご安心を。手触りは普通のレースとまったくと言っていいほど違いがないですよ!

3.花粉キャッチカーテンの選び方と注意点

「花粉キャッチカーテンの機能を十分に生かすには、部屋の環境に適したカーテンを選び、適切な取り付けをすることが大事です。
ここでは押さえておきたい3つのポイントをご紹介します!

花粉キャッチ以外の別機能にも注目

花粉キャッチカーテンの選び方

花粉キャッチ機能があるレースカーテンは、遮熱やUVカット、遮像など、他の機能も併せ持っているタイプが充実しています。カーテンをかける窓の環境に合う多機能なカーテンを選ぶと、レースカーテン1枚で室内環境のいろいろな対策ができます。

上記のしくみとはちょっと違いますが、光触媒カーテンにも花粉対策効果があります。
光触媒とは、紫外線にあたると有機物を分解する働きのこと。太陽光や蛍光灯の光があれば、繊維についた汚れや細菌、臭いの原因物質を分解してくれるんです。

窓をしっかり覆うサイズにする

花粉キャッチカーテンの選び方

花粉キャッチカーテンは窓全面をしっかりと覆っていないと、効果が十分に発揮されません。そのため、事前の採寸が重要です。正しい採寸をして、既製品が合わない場合はカーテンをオーダーするのがおススメです。

カーテンサイズの測り方はこちらをチェック!
カーテンサイズの測り方

洗濯機で洗えるとお手入れがラク

花粉キャッチカーテンの選び方

また、繊維に花粉やホコリを絡みつかせるという特性上、花粉キャッチカーテンは一般的なレースカーテンに比べて汚れがたまりやすく、変色やカビなどによる劣化には注意してくださいね。
花粉のシーズンが終わった後や汚れが気になったときは洗濯が必要になるので、洗濯機OKのウォッシャブル対応カーテンを選ぶと、自宅でお手入れができてラクですよ。

カーテンの洗濯方法はこちらをチェック!
カーテンを洗濯しよう。手順とラベル表示をチェック!

4.まとめ

春先のスギだけでなく、初夏のヒノキや秋のブタクサなど、空気中にはほぼ一年じゅう何らかの花粉が舞っています。花粉症やハウスダストなどのアレルギーが気になる方は、多機能性の花粉キャッチカーテンで常時対策をしたほうが安心ですね。
普通のレースカーテンと同じ感覚でかけられるので、厚地のドレープカーテンとコーディネートを楽しんだり、レースカーテンを二重づかいして透け感や採光を楽しんだり、お好きな組み合わせで機能的にもデザイン的にも満足できる空間づくりをしてくださいね。

生地からつくるオーダーカーテン