オーダーカーテン通販の「ドリウム」。シミュレーション画面で、豊富な色柄、レース・厚手の生地も選べる。カスタマイズができるオーダーカーテン。

カーテンの捨て方とは?
買い替え後の処分方法

引っ越しや部屋の模様替えなどで新しいカーテンに買い替えるとき、古いカーテンをどう処分しますか?

燃えるゴミでいいの? どうゴミに出したらいいの?
カーテンの捨て方は意外と知られておらず、処分方法に悩む方が多いようです。
そこで今回は、不要なカーテンのお悩みを解決する、カーテンの捨て方をご紹介します。

1.カーテンの処分方法を決めよう

ひと言でカーテンの処分といっても、さまざまな選択肢があります。
まずはどんな方法があるのかを知ってから、カーテンの処分方法を決めましょう。

カーテンの処分方法は大きく分けて4つあります。

  • ①ゴミとして捨てる
  • ②古着回収でリサイクルに出す
  • ③発展途上国に寄付する
  • ④捨てずに活用する

不要なカーテンの生地をチェックしてみて、劣化がひどくて使えそうにないなら潔く捨てましょう。もし、それほど生地が傷んでいなくて捨てるには惜しい状態なら、リサイクルや寄付、活用を考えてみてはいかがでしょうか。

①カーテンをゴミとして捨てる

カーテンをゴミとして捨てる

面積が大きいので捨てていいのか悩みがちですが、古いカーテンはほとんどの自治体で燃えるゴミに出すことができます。
ただし、フックなどの金属部分は燃えないので必ず外しましょう。遮光機能や防音機能など特殊な加工を施してある場合は、素材によっては不燃ごみ扱いになる場合があります。

地域によっては小さく折りたたむ、適当な大きさに切るなどの処分方法が定められているため、まずは自分が住んでいる自治体のゴミ出しルールの確認をおすすめします。

ちなみにカーテンのタッセルは燃えるゴミでOKですが、カーテンレールは粗大ゴミになります。地域によっては指定の長さ以下に切断する必要があります。
アコーディオンカーテンやロールスクリーンも粗大ゴミになります。

②古着回収でリサイクルに出す

カーテンをゴミとして捨てる

ほぼ布地でできているカーテンはリサイクル率が高く、古着回収で歓迎される品のひとつです。ゴミとして捨てると焼却処分されますが、古着回収だと工業用のウエスや自動車のシートなどにリサイクルして活用されます。

古着回収の方法は、自治体が行うものとリサイクル業者が行うものがあります。
自治体は回収の拠点に持ち込む方法と定められた日時に回収する巡回方式があり、地域ごとに回収方法が異なります。

リサイクル業者の古着回収は、店頭持ち込みのほか、宅配便で送れる業者もあります。どちらもカーテンが回収対象になっていれば、持ち込みのルールをホームページで明記しているのでチェックするといいでしょう。

また、一部のカーテン専門店では、購入時に古いカーテンを引き取るサービスを行っている店もあります。カーテン選びの際に確認して、引き取りサービスがある店で新しいカーテンを選ぶのもひとつの方法です。

③発展途上国に寄付する

カーテンをゴミとして捨てる

国内には途上国や災害復興のための支援物資を募る団体があります。
自分はもう使わないけれど、何かに役立ててほしいという思う方には、こういった団体に寄付するという方法もあります。

カーテン以外にもさまざまな物資を受け入れている団体がほとんどなので、まだ使える不用品を整理して一緒に寄付することが可能です。

③最後まで大切に使って活用する

カーテンリメイク

古いカーテンがまだ捨てるにはもったいない状態なら、物置部屋など「とりあえず窓にカーテンがかかっていればいい」くらいの場所にかけ替えるのも手です。

ミシンがけやお裁縫が得意な方なら、別の窓のサイズに合うようにリサイズしたり、のれんや雑巾などにリメイクしたり、アレンジを楽しんでしまうのもいいかもしれません。

ただ、生地がしっかりしているようでも加工が劣化している場合があるので、あくまで生地として活用するにとどめ、機能性はあまり期待しないほうがいいでしょう。

まとめ

カーテンの捨て方がイマイチ分からなくて、「そのうち……」と思いつつ、押し入れにため込んだりしていませんか?
事前にゴミ捨てルールや古着回収の方法を調べるのは少し手間ですが、一度分かればもう捨て方で困ることはないはずです。

この機会にご紹介した捨て方を参考にして、きれいさっぱり処分しましょう。

生地からつくるオーダーカーテン