GUIDEサイズの測り方

カーテンのサイズを測る

当社のカーテンはすべてカン下寸法を採用しています。
カン下寸法とは、カーテンレールのリングに引っ掛けるフックから裾までの寸法を指します。
以下の方法でカーテンのサイズを算出してください。

横幅の測り方

カーテンレールが基準となります。
レールのお取り付けがまだの場合は、リング位置を想定して採寸してください。

両開きの場合でも、片開きの場合でも、機能レール・装飾レールとも左端リングランナーから
右端リングランナーまでの長さを測定し、ご注文ください。
左右ともリングランナーの中央から測ってください。
ご注文サイズに5%程度上乗せしたサイズでおつくりします。
両開きの場合は、その半分のサイズでおつくりし、同サイズ2枚で1セットとなります。

機能レール
装飾レール

両開きの場合は、半分のサイズで2枚おつくりします。

幅継ぎについて

横幅が仕上げ幅101以上〈オーダーサイズが95cm以上〉になる場合、生地にタテ方向の継ぎ目が生じます。
初めてオーダーカーテンをお求めのお客様などは継ぎ目に馴染みがなく驚かれることがありますが、
カーテンに生じる継ぎ目は一般的なものですので、不良品ではございません。

丈の測り方

カーテンのフックを引っ掛ける「リングランナー」の最下部が計測開始位置になります。
窓の種類によって計算式が異なりますので、お確かめください。

はきだし窓
はきだし窓の場合は、リングランナーの最下部から床までを測定し、床から少し浮くよう、マイナス1cmの丈でご注文ください。
腰高窓
腰高窓の場合は、リングランナーの最下部から窓枠下10cm~20cm下を目安にしたサイズでご注文ください。
窓下に家具があるなど、お部屋の状況にあわせて丈サイズをご検討ください。